コラム

移動体無線工事って大変?

こんにちは!大阪府堺市に拠点を構え、近畿一円を対象に移動体無線工事を手掛けております、株式会社ヤサカです。
弊社は平成23年の創業以来、10年以上にわたって電気通信工事に携わってまいりました。
今回は、弊社が行っている移動体無線工事や基地局工事などを始めとした、電気通信工事の大変な場面と面白いと感じられる瞬間をご紹介いたします。
皆様のご参考になれば、幸いです。

電気通信工事の大変なところ


基地局を整備する際、高い場所で作業を行う場面があり、高いところが苦手な方にとってはきついと感じるかもしれません。
また、電気通信工事の現場では情報や設備が変わるので、作業手順や用語を覚えることが大変と感じることもあるかと思われます。
しかし、弊社はスタッフ全員で助け合い、1つの目標に向かって施工を行うことを第一に考えております。
分からないことや大変だと思う場面では、遠慮なく先輩スタッフを頼ってください。

電気通信工事の面白さとやりがい

携帯電話の繋がりにくい地域で基地局工事を行い、電話が快適に使えるようになった瞬間は、うれしさと充実感を同時に味わうことができます。
通信インフラは実際に目で見ることはできませんが、その存在はとても重要です。
常に最新の技術に触れることができるのも魅力の一つです。
また、防災の面においても、電気通信工事はとても大きな役割を担っています。

災害時の復興支援活動について

災害が起こった際、人命を守ることのできる手段の1つとして、防災無線が挙げられます。
より早くより多くの正確な情報を被災地のお届けすることで、皆様の安心につなげることが可能です。
弊社は災害時の復興支援にも力を入れており、被災地における通信インフラの復旧に携わっております。

【求人】一人前の技術者を目指しましょう!


電気工事士資格をお持ちの方や高所作業経験者の方は、その経験を電気通信工事に生かすとが可能です。
現在、転職をお考えの方や求職中の方の中で、電気通信工事にご興味のある方はいらっしゃいませんか?
やりがいを持って施工を行うことで、より仕事の楽しさに気づくことができます。
電気通信工事は、大きなやりがいと達成感を味わえる仕事です。
経験問わず、皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。